ヌルヌルオッサンはNEET da YO!!

某所スレから復活したニートスピナーの日々を淡々と描いたブログです。過度な期待はしないで下さい。

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  M・O・D・S
tag : 


旋盤やら高い専門機材を使わなくてもお気軽にできる改造を紹介できればと思います。


というわけで、スレにも晒したビッグベンです。

画像01

画像02

画像03



元は白だったんですけどね…画像残してなかったorz

著作関係が恐いから適当にぐぐってみてくだしあ><

ここでやっと主題。

顔須君のパーフェクト白ヨー染め方教室!!

ドンドンパフパフー♪


実際ググレば参考資料は死ぬほど出ますけどね('A`)

ヨーヨーはてんちょさんがやってらしたし('A`)



でも!!

俺が見つけたのは全部クリアを染める記事だったんだ!!!!!!



というわけでマイナーな白ヨーを染め染めしちゃいます。


まず必要なもの。

白ヨーは言わずもがな。あとガスコンロ

これらは画像なしです。

次にこれらを用意します

画像04

上から、100均で買った鍋料理用温度計
下の左側の樹脂用染料SDN100均で買った計量カップ

こんだけでいいです。

一応染料のアップ写真も。

画像05

これは東急ハンズで買えます。もしかしたら専売なのかもしれません。ググッても販売してるところはハンズしか見つからなかったんで、もしかしたら他店舗にもあるのかもしれませんが、オススメはハンズです。多分あります。多分。

ここで注意なんですが、樹脂用染料SDNは大変身体に悪く、可燃性物質です!!

換気を怠らないで下さい!!

部屋の窓全開、そして換気扇回しッパにしてください。あと蒸気も吸わないように。

私はちょいちょい吸ってしまって大変気分が悪くなりましたorz

そして、ここで使う鍋、計量カップは料理に使わないで下さい!!出来れば温度計も。


染める専用として割り切ってください。

多分綺麗に洗えば鍋以外は使えるかも知れませんが、念のため。私も調理用品とは隔離して保存してます。

では早速工程を紹介していきまっしょい!!

※※このブログはR18なので大丈夫でしょうが、念のため、ここからの作業は自己責任で行ってください。一切責任は負いません。ココ以外にも調べてみてください。※※

はずせるパーツは全部はずします。


画像06


画像ではアクセルが付いてますが、出来れば外した方がいいでしょう。私は外す道具、技量がなかったんでつけたまんまでやりました。
確かに問題ないんですが、錆びの元になりやすいですしね。

しかし、きちんと拭けば問題ないのかもしれません。

実際このベンも使用に全く問題ありません。

まぁ俺はきちんと拭き取れてなかったようで、後で固まってアクセルに固形物がひっつきまくって泣きながら安全ピンでほじってましたがorz


さて、次の作業に参りましょう。

洗剤で綺麗に洗います。

画像07

表面に手垢やらホコリが付いてると染まりにくくなり、ムラの原因になります。

洗剤も綺麗に落としましょう。

次に、染料をよく振ってから計量カップで染料を測って入れます。

が、

この時、私はこの染料の説明通り、水20:染料1の割合で入れました

がががががががががが


クリアではなく元々白色が付いてたので

10分強煮込んでも全く染まりませんでした!!!!!!!!


というわけで計量カップの画像は無しよ!!

結局ドボドボと水、染料を追加したので正確な割合はわかりません。

感覚としては10:1といった感じでしょうか…

自信がないので大きな声で言えませんが、ともかく使用方法よりは濃い目に使った方がいいかもしれません。

そんな具合でとりあえず鍋に水と染料をぶち込んで火にかけます。
火加減は超弱火です

調理用の温度計で計りながら、使い捨ての割り箸を使ってかき混ぜながら暖めます。

画像08

画像では61度くらいを表示してるようですが、素材によって温度が変わります。

ビッグベンは調べたらポリカーボネートらしかったんで70度の±10度を目指しつつ混ぜます。

素材によって温度と時間が変わるので先に調べておきましょう。

70度に達したら一度火を消し、そっとヨーヨーをぶち込んでください。

火つけっぱだとヨーヨーが溶ける恐れがあります。

鍋底熱いっすからね。

あと、溶液が跳ねてキッチン回りに飛んだら大変です。何度も言いますが可燃性物質なんで、気をつけて、そっと入れてください。

こんな感じで煮ていくんですが、こっからそまらねぇぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!タイムに突入したんで写真なしですwwwww

大体一時間ぐらいかな、ヨーヨーをゴロゴロかき混ぜながら温度を測って、温度が65度割ったあたりでコンロに火をつけて、ゴロゴロかき混ぜつつ、また75度ぐらいになったら火を止めて…




途中でめんどくさくなって、80度ぐらいまで上げてネットしてました。

それでも、数分に一度は染め上がりと温度を確認してください。


そんなこんなでいい色具合になってきたんでヨーヨーを水洗いするんですが、私はめんどくさかったので…


画像09


希薄しながら洗いましたw


そうそう、捨てる場合は200倍以上に希薄してから捨ててくださいとのことです。

写真のように、水を溢れさせるように捨てるといいでしょう。

工程はここまでです。

上手くいけば綺麗に染まるはずです。

コツは、あまり頻繁に引き上げない、途中で染料の濃度が変わらないようにきちんと図ってから入れる、温度があまり上下しないように…ぐらいですかね。

画像10

このころには水は透明、色が付いてるのは鍋ですwwwwww

これほど強力な薬品なわけですね。慎重に扱いましょう。

仕上がりはスレにも晒しましたがもう一度

画像11

↑乾燥&拭き取り中


画像12

↑テンション上がってベアリング装着&ゴムリングをシリコンリングに交換


画像13

↑完成!!!!


ってな感じの仕上がり具合です。

ムラムラですorz

原因として考えられるのは
途中で染料と水を足したのがまずかったのと、ジャムクヲリティーで白の時点でムラムラだった。
そしてなにより、某スレで買った中古品であった点が原因かと思われます。


万が一、この記事を見てチャレンジして

おもてたんと違う!!

となりましても、上に書いたとおり、自己責任なんで、私は1ピコメートルほども責任を負いませんのであしからず。

クリアを染めるときはてんちょさんの記事をみるといいです。

樹脂染料 ヨーヨーでググレば一番上に引っかかると思います。

最後に、余った染料は日陰で尚且つ低温の場所に保存しときましょう。

てな感じの日記でした。




追記

こんな小汚いブログにてんちょさんからの有難いコメントがっ!!
コメ欄だけじゃもったいないから追記で俺フィルターを通して書きたいと思います。

やっぱりジャムヨーじゃムラは出ちゃうようです。俺が不器用すぎるのが原因じゃなくてよかった('∀`)
ジャムヨーはプラ整形の時点で素材自体がムラムラだったり、製品にするときに細かな凹凸があるのが問題らしいっす。総じてJAMクヲリティーってことっすね。
なので、目の細かい紙やすりで軽く整えてから染めるといいよーとのアドバイスを下さいました。
俺的にまったくムラは気にならないので愛着湧いております。みんなも染めようぜ!!

追記の追記

私自身、ド素人な上に超絶不器用人間なので、指摘、アドバイス等下さるとすっごい助かります。
間違ってる点、気がついた点があったら遠慮なさらずご指摘下さい。

コメント

No title
ジャムヨーはどんなに上手くやっても大抵ムラになります
クリアは、ムラが出ても見た目にわからないってだけです
ジャムヨーはプラ整形の時点での樹脂素材自体のムラや、樹脂の流し込みの際に出来る表面の細かな凹凸等、ジャムクオリティによるムラの原因があるようです
紙ヤスリで慣らしてから染めると少しは綺麗に染まるかもしれんです
2009/02/04 13:23URL  てんちょ #Zp5gm5qQ[ 編集]


>>てんちょさん
うおおおお!!こんな小汚いヌルヌルブログにコメントくださるとは!!

> ジャムヨーはどんなに上手くやっても大抵ムラになります
やっぱそんなもんですよねー('A`)

> クリアは、ムラが出ても見た目にわからないってだけです
ふむふむ、ためになります。

> ジャムヨーはプラ整形の時点での樹脂素材自体のムラや、樹脂の流し込みの際に出来る表面の細かな凹凸等、ジャムクオリティによるムラの原因があるようです
おおう、ここは追記で書かせていただきますね。

> 紙ヤスリで慣らしてから染めると少しは綺麗に染まるかもしれんです
やろうと思ったんすけどめんどくせwwwwっていう気持ちが勝っちゃったんす><
ここも追記で書きたいと思います。コメント有難うございます!!
2009/02/04 23:31URL  顔須君 #zyFhrQf2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://minimokyoudan.blog23.fc2.com/tb.php/2-f4d9c981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。